★★山岡瑞雪作品集★★
希求の果て』 文芸社より2000年発行
『破滅の足音』理想書店より電子本2005年9月発行
『雲のかなたに』理想書店より電子本2006年2月発行
『ティンパニは鳴り止まない』 マチともの語り掲載

2006年11月29日

悔しさをバネに! 悔しさをバネに!

随分前の話になります。
私はワープロを買い、ブラインドタッチも独学でマスターしていました。
まだWindowsの出始めのころでした。
面接でワープロはできるが、パソコンはさほど得意ではないと伝えました。
研修が済み、実際の仕事についてみると、パソコンの前に座らされ、右横には今は当たり前のマウスがあったのです。
仕事自体は、商品の注文を電話で受けるという慣れれば簡単なものだったのですが、マウスを使うパソコン操作には初めてのことで戸惑いました。
それ以前に勤めていた会社で大きなパソコンを扱ってはいました。でもキーボードを叩くもので、そこにマウスの姿はありませんでした。
初めてマウスに触ったときのことを皆さんは覚えていらっしゃいますか?
わくわくしながら手を触れ恐る恐る使ってみて、そしてきっとその便利さに感動したのではないでしょうか。
でも、私のその初体験は惨憺たるものでした。
その職場には年長のお局様が幅を利かせていました。
「えっ、マウスを使ったことないの!」と冷たく言い放って、その人は面倒臭そうに教え始めました。私は情けない思いをしながらも、必死で覚えようとしました。
必死のあまり、知らず知らずのうちに肩肘を机についてしまうことがあり、そのお局様から
「肘を突くんじゃない!」と注意されました。
でも、3日ほど経ったときでしょうか。土日の休みが入り、月曜日には出社してまた頑張ろうと思っていたのですが、電話が入り、もう来なくてよいと言われたのです!!
なんという屈辱!
しかし、私はその後発奮。
パソコン教室でみっちり学び、今は人に教えるほどになりました!
悔しさをバネにとよく言いますが、頑張ればいつか見返せるものなのですね♪
posted by 瑞雪 at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。