★★山岡瑞雪作品集★★
希求の果て』 文芸社より2000年発行
『破滅の足音』理想書店より電子本2005年9月発行
『雲のかなたに』理想書店より電子本2006年2月発行
『ティンパニは鳴り止まない』 マチともの語り掲載

2006年02月26日

『雲のかなたに』が電子本に

やっと『雲のかなたに』が電子本になりました。

常に人は真理を、幸福を求めるもの。その求めた先には何があったのか。

突然の兄の死。妹の朝子はある新興宗教に入信し、布教活動に身魂を傾ける。自分や家族のみならず、世界人類すべてが救われると信じて、青春の全てをかけた朝子と姉の洋子だったが、一般では経験することのないさまざまな出来事に次第に疑問を感じるようになる。
教団内でのさまざまな体験と挫折を描き、信仰とは何か、宗教とは何か。そして、人生とは何かを問う。

『雲のかなたに』

人はどんなに疑い深い人であれ、何かを信じないと生きていけないものでしょう。人それぞれ、家族を信じる人、お金を信じる人、地位を信じる人、仕事を信じる人、いろいろあると思います。
 信じるところを一筋に生きて、そしてそれぞれに裏切られ、挫折するのが人生でしょうか。(中には信じるままに幸せな人生を全うする人もいるでしょうが……)
 神がいると信じるかどうかは別として、宗教の功罪は如何でしょうか? 三つの唯一神教であるユダヤ教、キリスト教、イスラム教が誕生した中東を始め、世界中に無くならない争いは宗教問題が根底にあるようです。
 オウム真理教による地下鉄サリン事件は全国を震撼させました。その後も新興宗教は形を変え姿を変えて現れ、切りがありません。
 「信じる」ということは素晴らしいことでもあり、恐ろしいことでもあります。
 さて、あなたは何を信じて生きますか?
posted by 瑞雪 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13805961

この記事へのトラックバック

★★★★「ユダヤ商法」ラビ・マービン・トケイヤー、日本経営合理化協会
Excerpt: ユダヤ商法」マーヴィン・トケイヤー、日本経営合理化協会(2000/09)¥10,290 (評価:★★★★☆) ●素晴らしい本です。国を持たないユダヤ人の知恵には感服します。
Weblog: 本のソムリエの読書日記
Tracked: 2006-03-12 06:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。