★★山岡瑞雪作品集★★
希求の果て』 文芸社より2000年発行
『破滅の足音』理想書店より電子本2005年9月発行
『雲のかなたに』理想書店より電子本2006年2月発行
『ティンパニは鳴り止まない』 マチともの語り掲載

2007年05月29日

いろは歌

色は匂へど散りぬるを我か代誰そ常ならむ有為の奥山今日越えて浅き夢見し酔ひもせす

いろはにほへどちりぬるをわかよたれそつねならむうゐのおくやまけふこえてあさきゆめみしえひもせす

ご存知、いろは歌ですね。47文字のかなを使って七五調の歌にしたものです。

弘法大師の作という説が古来あったそうですが、現在では否定され、作者不明なんですね。

しかし、昔の人は才能があるんですね。
このほかにもいろは歌っていろいろあるんです。

鳥啼く聲す夢さませ見よ明け渡る東を空色映えて沖つ邊に帆船群れ居ぬ靄の中

とりなくこゑすゆめさませみよあけわたるひんがしをそらいろはえておきつへにほふねむれゐぬもやのうち

これは坂本百次郎という人の「鳥啼歌」。
前記のいろは歌は最後に「ん」を付け加えて48音としますが、これはひんがしと無理なく入っています。

面白いですね!

今、親が子を殺し、子が親を殺すという殺伐とした時代。何を信じたらいいのやらという世の中です。

そんな中、人の心、日本人の心を再発見するために、私は今、古典にはまっています。

posted by 瑞雪 at 11:50| Comment(45) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。